m3.com トップ > 臨床ニュース > 吸収不良症候群【私の治療】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

吸収不良症候群【私の治療】

2020年2月14日 日本医事新報(私の治療)  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

吸収不良症候群には、栄養素の消化・吸収・輸送の3段階に基づいた病態分類がされる。糖質・蛋白質・脂質の3大栄養素のほか、ビタミン・電解質・ミネラルなど微量栄養素を含む多彩な欠乏症状が想定される。吸収不良症候群で最も障害を受けやすい栄養素は脂肪であるが、腸内細菌異常増殖症候群(smallintestinalbacterialovergrowth:SIBO)に伴う吸収不良症候群は特殊な機序で吸収障害が起きるため、欠乏する栄養素も特徴的なことが多い。SIBOは小腸における細菌の量的な過剰増殖と質的な異常...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞