m3.com トップ > 臨床ニュース > アレルギー性鼻炎【私の治療】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アレルギー性鼻炎【私の治療】

2020年2月11日 日本医事新報(私の治療)  カテゴリ: アレルギー疾患小児科疾患耳鼻咽喉科疾患

アレルギー性鼻炎は、吸入抗原が原因で生じる鼻粘膜のI型アレルギー性疾患で、ダニ・ハウスダスト抗原などに対する通年性アレルギー性鼻炎と、花粉抗原に対する季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)に分類される。原則的には発作性反復性のくしゃみ、水様性鼻漏、鼻閉、を3主徴とする。低年齢でも発症し小児では多くは改善がないまま成人に移行する。成人においても自然改善は少ない。スギ花粉は飛散数が多い上に飛散距離が長く、長期間飛散する特徴があり症状も強く、スギ花粉症は世界でも注目されている国民病である。診断のポイント発作...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞