m3.com トップ > 臨床ニュース > 【寄稿】台湾における新型コロナウイルス感染症の現状

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

【寄稿】台湾における新型コロナウイルス感染症の現状 台北救急医療対応センター最高責任者・鄭銘泰(台湾) 翻訳:児玉貴光(日本救急医学会救急科専門医)

2020年2月11日 ドクター寄稿  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症

台湾政府は2020年1月15日、中華人民共和国の湖北省武漢市でアウトブレイクした新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症に対応するため、本疾患をMERS-CoV感染症やエボラウイルス感染症と同様に、24時間以内に届け出が必要な「カテゴリー5」に指定しました。また、アウトブレイクの全貌を調査するために、伝染病防治医療網(感染症管理医療ネットワーク)と台湾衛生福利部疾病管制署(台湾CDC)の専門家2名を、武漢市に派遣しています。2019-nCoVによる新興感染症である肺炎のアウトブレイクと、武...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞