m3.com トップ > 臨床ニュース > 新型コロナ、鼻や口以外の感染経路に警鐘

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新型コロナ、鼻や口以外の感染経路に警鐘 中国の肺炎対策専門委員会のメンバーも眼から感染か

中国・吉林大学眼科のCheng-WeiLu氏らは、新型コロナウイルス(2019-nCoV)が鼻や口の粘膜だけでなく、眼からも感染し得るとのcorrespondenceを、2020年2月6日付のLancetで発表した。中国・湖北省武漢市の集団発生において、患者が「眼をこすったかどうか」を追加調査すべきなどとも述べている。(m3.com編集部・坂口恵)N95装着の肺炎専門家が感染した理由2003年にもSARSコロナウイルスが主に眼や口、鼻の粘膜の直接または間接的な接触で伝播しているとの報告が存在する...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞