m3.com トップ > 臨床ニュース > 意識障害の鑑別――薬物中毒/悪性症候群

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

意識障害の鑑別――薬物中毒/悪性症候群 睡眠薬内服例でも安易に原因と決めつけない

2020年2月14日 中外医学社  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患救急

7Overdose(薬物中毒/悪性症候群、セロトニン症候群)□ 薬物中毒の患者が、『薬物中毒の患者さんです』という救急隊からの情報で救急搬送されるとは限らない。意識障害の患者をみたら、薬物中毒の可能性がないかを常に疑う。□ 薬物中毒を疑った時に聴取すべき問診は『MATTERS』と記憶する=表25。必ずしも普段処方されている薬の中に原因があるとは限らない(昔の薬、市販の薬)。『何をどれだけ飲んだか』を明らかにするために、家族や救急隊員の助けも借りて空の薬剤ケースを全部持ってきて...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞