m3.com トップ > 臨床ニュース > 【寄稿】過去の新興感染症対応を新型コロナにどう活かすか

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

【寄稿】過去の新興感染症対応を新型コロナにどう活かすか 日本救急医学会救急科専門医・児玉貴光(上海在住)―Vol. 4

2020年2月18日 ドクター寄稿  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はいまだに拡散の勢いが衰えず、世界で最も信頼されている統計サイトの一つである「Worldmeter」によると、2020年2月16日正午時点(以降、日時は中国標準時)の全世界における確定患者数は6万9269人、死亡者は1669人(死亡率2.4%)、治癒患者数は9639人と報告されています。ちなみに日本の確定患者数は408人となっており、JohnsHopkinsUniversityのCenterforSystemsScienceandEngineering...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞