m3.com トップ > 臨床ニュース > 日本胃癌学会、JCOG0912・JCOG1401試験でコメント

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

日本胃癌学会、JCOG0912・JCOG1401試験でコメント EMR/ESD非対象のcStage I胃癌でLADG、LATG、LAPG「推奨」

2020年2月23日 日本胃癌学会  カテゴリ: 消化器疾患その他

日本胃癌学会はこのほど、胃癌治療ガイドラインの速報版として、「臨床病期I期胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術の開腹幽門側胃切除に対する非劣性を検証するランダム化比較試験(JCOG0912)、および臨床病期I期胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘術および腹腔鏡下噴門側胃切除術の安全性に関する非ランダム化検証的試験(JCOG1401)に関する日本胃癌学会ガイドライン委員会のコメント」を同学会ホームページに公開した。内視鏡的粘膜切除術(EMR)および内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)の対象とならない...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞