m3.com トップ > 臨床ニュース > アセリオとアナペインの誤認で注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アセリオとアナペインの誤認で注意喚起 禁静注のアナペインを誤って点滴静脈内投与

2020年2月25日 日本麻酔科学会  カテゴリ: その他

日本麻酔科学会はこのほど、アセトアミノフェン静注液(商品名:アセリオ静注液1000mg)を点滴静脈内投与するところを、誤ってロピバカイン塩酸塩水和物注射液(アナペイン注2mg/ml100mL)を点滴静脈内投与し、局所麻酔薬中毒を生じた事例が2019年9月に発生したとして、注意喚起を発した。患者は、適切な対処により回復したとしている。同学会では、ロピバカイン塩酸塩水和物注射液(アナペイン注2mg/ml100mL)のバッグには「禁静注」の注意喚起がなされており、誤って投与することのないように再度の確...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞