m3.com トップ > 臨床ニュース > 第1回 胃がんにおけるPD-L1発現と免疫チェックポイント阻害薬治療効果に関するメタ解析

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第1回 胃がんにおけるPD-L1発現と免疫チェックポイント阻害薬治療効果に関するメタ解析 消化器(胃・食道) 島田英昭(東邦大学医療センター大森病院)

2020年2月23日 スペシャリストの視点  カテゴリ: 消化器疾患

今回扱う論文ImmuneCheckpointInhibitorsinPre-TreatedGastricCancerPatients:ResultsFromaLiterature-BasedMeta-Analysis1)InternationalJournalofMolecularSciences2020;21:448はじめに2017年9月22日に胃がんに対してニボルマブ(商品名オプジーボ)が保険適用となって以来、胃がんサードライン治療として確立されています。一方、PD-L1陽性胃がん症例に対し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞