m3.com トップ > 臨床ニュース > 新型コロナで病院・救急外来のパンクを防ぐ試み進む

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新型コロナで病院・救急外来のパンクを防ぐ試み進む 英国・カナダ医師会による公式ニュース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴い、各国で救急外来や一般病院の診療機能が麻痺することへの警戒感が高まっている。英国やカナダでは症状が軽度の疑い患者に対する自宅での検査を起点とした自宅待機(self-isolation)のプロトコールを検討し始めたようだ。英国医師会雑誌(BMJ)やカナダ医師会雑誌(CMAJ)の公式ニュースが伝えている。(m3.com編集部・坂口恵)疑い例搬送で複数の救急車が半日以上使用不可に中国・湖北省武漢市以外における検討で、COVID-19は軽症例が大部...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞