m3.com トップ > 臨床ニュース > 第23回 抗コリン薬で認知症リスクは増えるのか

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第23回 抗コリン薬で認知症リスクは増えるのか 執筆:岩上将夫(筑波大学)、監修:康永秀生(東京大学)

今回扱う論文AnticholinergicDrugExposureandtheRiskofDementia:ANestedCase-ControlStudy.JAMAInternalMedicine2019;179:1084-1093はじめに今回は、症例対照研究(ケース・コントロール研究)をテーマに、抗コリン薬の認知症リスクを検討した論文1)を取り上げます。この論文は、2019年に「今年最も多く読まれたJAMANetworkの論文12編」の一つ(JAMAInternalMedicineの中で1位...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞