m3.com トップ > 臨床ニュース > COVID-19へのシクレソニド、一般臨床で使用難しい2つの理由

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

COVID-19へのシクレソニド、一般臨床で使用難しい2つの理由 同薬販売企業の学術情報担当者の談話

神奈川県立足柄上病院のグループが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発症の初期から中期の患者3人にシクレソニド(商品名オルベスコ)を投与し、一定の効果が得られたとの症例報告が発表された(COVID-19早期に特定の吸入ステロイド使用が有望か)。既存薬の予想外の報告に一気に関心が高まった。一方で「報告以降、同薬の出荷調整が始まっている」「COVID-19の予防に同薬を使用してはどうか」などの情報も見られるようになっている。同薬を販売する帝人ファーマに電話で問い合わせた。今回の症例報告におい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞