m3.com トップ > 臨床ニュース > 「子どもが感染拡大」証拠ない中、全国一斉休校【時流◆新型コロナの社会的影響】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「子どもが感染拡大」証拠ない中、全国一斉休校【時流◆新型コロナの社会的影響】 ふじおか小児科院長・藤岡雅司氏へのインタビュー- Vol. 1

安倍晋三首相は2月27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のため、全国の小中学校、高等学校、特別支援学校の3月2日からの一斉休校を「要請」した。この「要請」を、現場の小児科医はどう捉えたのか。ふじおか小児科院長(大阪府富田林市)の藤岡雅司氏に聞いた。藤岡氏は「子どもが感染拡大に寄与しているデータがどこにも出ていない」と指摘。一斉休校の要請は「唐突」かつ「時期尚早」と評している。(m3.com編集部・坂口恵/2020年3月5日取材、全2回連載)直前、文科省は「現時点では一律休校が必...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞