m3.com トップ > 臨床ニュース > 全国一斉休校で懸念される子どもの健康・教育面の影響【時流◆新型コロナの社会的影響】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

全国一斉休校で懸念される子どもの健康・教育面の影響【時流◆新型コロナの社会的影響】 ふじおか小児科院長・藤岡雅司氏へのインタビュー- Vol. 2

2020年3月9日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患小児科疾患その他

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、3月2日頃から急遽行われた全国の小中学校、高等学校における一斉休校。ふじおか小児科院長の藤岡雅司氏は、全国一斉の休校措置によるCOVID-19対策の意義に疑問を呈するだけでなく、「子どもの生きる権利を侵害しており、長期の休みによる健康や教育面の害が大きい」と懸念する。(m3.com編集部・坂口恵/2020年3月5日取材、全2回連載)長期休校で懸念される子どもへの影響――安倍首相による2月27日の全国一斉休校の要請に対し、翌28日に文科省が出...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞