m3.com トップ > 臨床ニュース > 国内の臓器提供・移植にまつわる最新状況【時流◆漸進・日本の臓器提供体制】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

国内の臓器提供・移植にまつわる最新状況【時流◆漸進・日本の臓器提供体制】 聖隷浜松病院救命救急センター・渥美生弘氏に聞く―Vol. 1

2019年9月、初の『臓器提供ハンドブック』が厚生労働科学研究の研究班(主任研究者:日本医科大学救急医学分野教授・横田裕行氏)より刊行された。同研究班の分担研究者を務め、同ハンドブックの編集を担当した渥美生弘氏(聖隷浜松病院救命救急センター・センター長)に、日本の臓器提供にまつわる最新状況を聞いた。日本は先進国の中でも臓器提供件数が少ない一方、臓器提供に前向きな人の割合は決して少なくないことはあまり知られていないようだ。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・坂口恵/2020年1月8日取材、全5回...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞