m3.com トップ > 臨床ニュース > 国内の臓器提供件数が過去最高を記録した背景【時流◆漸進・日本の臓器提供体制】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

国内の臓器提供件数が過去最高を記録した背景【時流◆漸進・日本の臓器提供体制】 聖隷浜松病院救命救急センター・渥美生弘氏に聞く―Vol. 2

聖隷浜松病院救命救急センター・センター長の渥美生弘氏へのインタビュー第2回。2019年度は、臓器提供(脳死下・心停止後)件数が過去最高を記録した(126件)。その背景と医療現場の取り組みなどを聞いた。以前は「センシティブな話題」と考えられていた臓器提供への意識は、救急医を中心に変わりつつあるとのことだが、「臓器提供を自施設や近隣施設で行っているかどうかを、そもそも医療者が知らないことが課題」と渥美氏。2019年からはその解消に向けた取り組みも始まっているそうだ。(聞き手・まとめ:m3.com編集...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞