m3.com トップ > 臨床ニュース > 第2回 胃がん通過障害に対するステント挿入の有用性は?

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第2回 胃がん通過障害に対するステント挿入の有用性は? 消化器科 島田英昭(東邦大学医療センター大森病院)

今回扱う論文TreatmentOptionofEndoscopicStentInsertionorGastrojejunostomyforGastricOutletObstructionDuetoGastricCancer:APropensityScore-MatchedAnalysisGastricCancer2020年1月25日付電子版はじめに1995年に食道用ステント、2009年に胃十二指腸用ステント、2011年に大腸用ステントが承認され、現在、8製品の消化管用ステントが医療現場で使用され...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞