m3.com トップ > 臨床ニュース > 第3回 水曜に窒息が多い国とその背景

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第3回 水曜に窒息が多い国とその背景 救急(窒息・気道異常) 乗井達守(ニューメキシコ大学)

【連載について】本邦の窒息による死亡者数は年間約1万人。不慮の事故死の原因第1位です。私たちのグループでは、MOCHI(※)という気道異物による窒息に関する臨床研究を日本から世界に発信して来ました。同研究は2020年度の日本救急医学会の学会主導研究に採択され、大規模な前向き登録研究を2020年4月から開始予定です。この連載では、窒息に関して役立つ情報を、乗井(米国ニューメキシコ大学救急部)と五十嵐(日本医科大学付属病院高度救命救急センター)の2人でお届けします。MOCHI:multi-cente...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞