m3.com トップ > 臨床ニュース > 新型コロナ蔓延に伴う手術トリアージの考え方示す

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新型コロナ蔓延に伴う手術トリアージの考え方示す 日本医学会連合、日本外科学会など10の学会が提言

日本医学会連合、日本外科学会など外科関連の10学会は4月1日、「新型コロナウイルス陽性および疑い患者に対する外科手術に関する提言」を発表。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大するなかでの患者適応や術式選択、手術トリアージの目安に関する考え方を示した。(m3.com編集部・坂口恵)「今後、陽性患者の手術機会が増加」提言では、今後日本でも新型コロナウイルス陽性患者への手術機会が増加するとして、現時点の知見に基づく外科医の留意点がまとめられている。今後の病態解明や治療薬・予防ワクチンの開...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞