m3.com トップ > 臨床ニュース > 号外 新型コロナウイルス感染症の過去、現在、未来

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

号外 新型コロナウイルス感染症の過去、現在、未来 執筆:粟野暢康(日本赤十字社医療センター)、監修:康永秀生(東京大学)

はじめに現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全世界で猛威を奮っています。2019年12月、中国が発端となったCOVID-19は、その後、韓国を中心とするアジア、そして2020年3月下旬からは欧米を中心に、驚異的なスピードで広まっています。4月7日時点で感染者130万人以上、死者7万人以上が報告され、いまだに終息の兆しが見えません。日本では3月末から感染者が増加し、今後感染者が急激に増加するか否かの瀬戸際の状態が続いています。現在、感染症科、呼吸器内科、救急科や集中治療科の医師をは...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞