m3.com トップ > 臨床ニュース > 院内感染、3割は医療関係者が発端

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

院内感染、3割は医療関係者が発端 医療関係者の感染予防策、感染研が更新

2020年4月9日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患感染症

国立感染症研究所(感染研)は4月7日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する医療関係者等の感染予防策の指針を更新した。全国でCOVID-19の院内感染クラスターの発生が増加しており、さらにその発端の3割が医療関係者であることを踏まえ、「医療関係者の感染予防策」についての項を新設。「COVID-19と診断または疑われている患者を診察して感染」、「COVID-19と診断または疑われていない患者から感染」、「市中や医療従事者間での感染」の3分類についてそれぞれ解説を加えた。(m3.com...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞