m3.com トップ > 臨床ニュース > 「医療崩壊を防ぐには肺炎重症化の防止が鍵」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「医療崩壊を防ぐには肺炎重症化の防止が鍵」 日本感染症学会学術講演会、LIVE配信特別シンポ

2020年4月23日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患感染症

日本感染症学会は4月18日、第94回日本感染症学会学術講演会特別シンポジウム「COVID-19シンポジウム-私たちの経験と英知を結集して-」を開催した。藤田医科大学の土井洋平教授は「臨床試験の進行状況と新知見」と題した講演で、既存薬の投与の結果およびファビピラビルを用いた特定臨床研究についての進捗を報告した。土井教授は「現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への特効薬はない。どの既存薬をどのようなタイミングで投与すれば効果的か特定するためにも、臨床試験をさらに推し進めていく必要がある...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞