m3.com トップ > 臨床ニュース > 気管チューブの取り扱いで注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

気管チューブの取り扱いで注意喚起 新型コロナ感染拡大で再周知、体位変換時は注意を

医薬品医療機器総合機構(PMDA)はこのほど、再周知特集として、気管チューブ等の取り扱い時の注意に関する医療安全情報を発した。現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、医療現場で人工呼吸器等を使用する機会が増えている。そのため、同機構はこれまでに発した医療安全情報から、気管チューブ等を安全に使用するための注意事項をまとめた。「体位変換時などの注意点」「抜けかけた場合の注意点」「留置中の注意点」「気管チューブを固定する際の注意点」について紹介している。事例では、人工呼吸器...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞