m3.com トップ > 臨床ニュース > SARS-CoV-2感染母体分娩での新生児蘇生指針を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

SARS-CoV-2感染母体分娩での新生児蘇生指針を公開 エアロゾル化を惹起する・しない処置など7項目

日本新生児成育医学会はこのほど、「SARS-CoV-2感染が証明されるか疑われる母体からの分娩での新生児蘇生に係る指針」を学会ホームページで公開した。同指針は、主に「卓上シミュレーションとリハーサルの実施」「綿密なBriefingの実施」「蘇生を担当する人員及び装備」「蘇生を行う場所」「エアロゾル化を惹起する処置と惹起しない処置」「臍帯処置」「早期母子接触」の7項目構成。SARS-CoV-2の感染(COVID-19)が証明されるか疑われる母体からの分娩での新生児のケアは、「出生後の新生児の感染を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞