m3.com トップ > 臨床ニュース > SGLT2阻害薬ダパグリフロジンの心不全への適応拡大を承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

SGLT2阻害薬ダパグリフロジンの心不全への適応拡大を承認 米FDA

米食品医薬品局(FDA)は5月5日、2型糖尿病に適応を有するSGLT2阻害薬ダパグリフロジン(商品名フォシーガ)の心不全に対する適応拡大を承認した。SGLT2阻害薬の心不全に対する承認は初。(m3.com編集部・坂口恵)NYHA分類II-IVの患者が対象同薬の今回の承認内容は、EF(左室駆出率)低下を有するNYHA(ニューヨーク心臓協会)心機能分類II~IV成人心不全患者に対する心血管死ならびに心不全増悪による入院リスクの減少。治療に重要な影響をもたらす可能性のある医薬品に対し、承認申請から6カ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞