m3.com トップ > 臨床ニュース > Latex法の胃癌リスク評価で留意事項公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

Latex法の胃癌リスク評価で留意事項公開 キット3種間の相違などに留意を

日本ヘリコバクター学会はこのほど、「Latex法における胃癌リスク評価に資する最適な血清抗ヘリコバクター・ピロリ(HP)抗体価測定基準値」の提示を目的に実施した、学会主導多施設研究結果を学会ホームページに掲載した。胃癌リスク評価実施の際には、「EikenEIAkitとの比較」「日本で使用できるLatexkit3種間の相違」に留意するよう注意を呼びかけている。「EikenLatexkit」(販売名:LZテスト‘栄研’H.ピロリ抗体)は、「EikenEIAkit」(販売名:Eプレート‘栄研’H.ピロ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞