m3.com トップ > 臨床ニュース > 【号外】COVID-19論文、特に批判的吟味が必要

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

【号外】COVID-19論文、特に批判的吟味が必要 執筆:南学正臣(東京大学医学部附属病院)

はじめにCOVID-19と腎臓病新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)によって引き起こされる感染症COVID-19は、2019年末に中国・湖北省武漢市で肺炎患者の集団発生が報告されて以来、世界的な流行を引き起こして社会に甚大な影響を与えています。本邦においてもCOVID-19患者数の急増で医療現場に大きな負荷がかかっており、COVID-19対応で通常の診療を縮小しなければならない施設も多くなっています。特に、これまで「医者余り」と一部で評価されてきた都市部を中心に医療崩壊が進んでいることから...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞