m3.com トップ > 臨床ニュース > 奇跡的に助かった武漢の医師が突然脳出血を発症

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

奇跡的に助かった武漢の医師が突然脳出血を発症 中国・医療者向け情報サイト「医脈通」より

2020年5月15日 医脈通(中国)  カテゴリ: 呼吸器疾患神経内科疾患感染症救急

※m3.com編集部からエムスリーのグループ会社が中国で運営する医療者向け情報サイト「医脈通」に掲載された記事を転載します。本記事は4月24日付の掲載です。(出典:中国医学論壇報)翻訳:児玉貴光(救急科専門医)4月23日、華中科学技術大学同済医学校附属同済病院の指導医は、同院で治療中の武漢市中央病院泌尿器外科の准指導医である胡衛鋒医師が22日の夜に脳出血を発症したことを発表した。「病状は非常に悪い」とのことであり、ネットユーザーは戦慄している。アウトブレイクの間、新型コロナウイルス感染症(COV...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞