m3.com トップ > 臨床ニュース > COVID-19、院内感染が一概に責められない理由

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

COVID-19、院内感染が一概に責められない理由 国立国際医療研究センター国際感染症センターの森岡慎一郎氏に聞く――Vol. 2

2020年5月13日 m3.com編集部  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症

森岡慎一郎氏日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の拠点の一つ、国立国際医療研究センター。国内発生早期から多くの患者を診療してきた同センター国際感染症センター総合感染症科の森岡慎一郎氏に、現在の東京都内のCOVID-19診療の動向について聞いた。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・河野祐子/2020年5月7日取材)院内感染が一概に責められない理由――前回(4月7日)お話を伺ってから、診療体制にどのような変化がありましたか。診療体制は大きくは変わっていません。軽症者のホテルへの移...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞