m3.com トップ > 臨床ニュース > COVID-19流行で高まる二次健康被害の懸念

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

COVID-19流行で高まる二次健康被害の懸念 各国の論文、ニュースから

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行に伴い、各国で都市封鎖や外出自粛などの行動制限が続いている。通常の予防や医療への影響や、行動制限の緩和に伴う重症患者や死亡例増加の予測など、二次的な健康被害に関する報告が集まりつつある。各国からの論文、ニュースからCOVID-19の二次健康被害について読み解く。(m3.com編集部・坂口恵)小児の予防接種が軒並み激減:米国全米でCOVID-19パンデミックに対する緊急事態宣言ならびに外出自粛命令が出された3月13日以降、小児の定期予防接種...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞