m3.com トップ > 臨床ニュース > COVID-19関連ハラスメント、3割の医療機関が経験

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

COVID-19関連ハラスメント、3割の医療機関が経験 日本呼吸器学会がCOVID-19診療で初の全国調査

日本の医療機関では呼吸器内科が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の主科を担っている割合が高く、業務負担は増大、COVID-19診療の影響で何らかのハラスメントも経験している――。日本呼吸器学会が行った全国アンケートから、こんな実態が明らかになった。連日、数百人の新規感染者が出ていた4月20日時点のCOVID-19診療の実態を尋ねたもので、未知の感染症への対応に苦慮する現場の様子が浮き彫りになった。院内PCR可能施設は2割どまりアンケートは、専門医制度に登録する全国の848施設を対象...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞