m3.com トップ > 臨床ニュース > 「薬物治療に名人芸なし」循環器治療薬ファイル

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「薬物治療に名人芸なし」循環器治療薬ファイル

2020年6月9日 メディカル・サイエンス・インターナショナル  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患投薬に関わる問題

村川裕二著『循環器治療薬ファイル第3版』(メディカル・サイエンス・インターナショナル)より転載はじめにA.誰のために「循環器疾患の薬物治療の基本」を学ぶための本です。対象は研修医、循環器科医、そして看護と、薬剤にたずさわる方すべて。「現場で使えること」を目指しました。●本当に使われている薬●使われている量できるだけ「なぜそうなのか」も書きました。ガイドラインには敬意を払っていますが、こだわってはいません。B.これまでの事情20年前……薬の使い方について、理論も経験も心もとなかったので、「指導医と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞