m3.com トップ > 臨床ニュース > 第28回 フェブキソスタットの功罪

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第28回 フェブキソスタットの功罪 糖尿病・代謝 能登 洋(聖路加国際病院)

今回扱う論文FebuxostatforCerebralandCaRdiorenovascularEventsPrEvEntionStuDy1)EurpeanHeartJournal2019;40:1778-1786はじめに高尿酸血症は、痛風だけでなく腎機能障害や心血管疾患や総死亡のリスクファクターです。では、薬物で尿酸値を降下させると、これらのリスクは確実に低下するのでしょうか。薬物によっては、死亡リスクに差があることが示唆されています2)。米国内科学会誌(AnnalsofInternalMed...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞