m3.com トップ > 臨床ニュース > 第1回 腎尿管全摘除術後の補助化学療法の有用性を解き明かすPOUT試験

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第1回 腎尿管全摘除術後の補助化学療法の有用性を解き明かすPOUT試験 泌尿器科 菊地栄次(聖マリアンナ医科大学)

今回扱う論文AdjuvantChemotherapyinUpperTractUrothelialCarcinoma(ThePOUTTrial):APhase3,Open-Label,RandomisedControlledTrialLancet2020;395:1268-12771)はじめに浸潤性膀胱がんに対しては、シスプラチンベースの術前補助化学療法の施行が高いエビデンスに支持され、標準治療として推奨されています。同じ組織型を有する浸潤性腎盂・尿管がんにおいては、比較的まれな疾患であるがゆえに...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞