m3.com トップ > 臨床ニュース > AMIとACS、病態からのアプローチ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

AMIとACS、病態からのアプローチ

2020年6月11日 メディカル・サイエンス・インターナショナル  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患投薬に関わる問題

1.AMIとACS経皮的冠動脈形成術(PCI)により虚血が解除される例が多いが、全例でタイミングが合うわけではない。非ST上昇型心筋梗塞でひと呼吸様子を見るとき、あるいは血行再建が不十分なときは、薬物治療の役割も大きい。□ ST上昇型心筋梗塞(STEMI)は「ステミ」と略される。非ST上昇型心筋梗塞(NSTEMI)は「ノンステミ」「エヌステミ」どちらの読み方もある。□ 国外の急性冠症候群(ACS:エーシーエス)の頻度は、●ST上昇型心筋梗塞:非ST上昇型心筋梗塞:不安定狭心症...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞