m3.com トップ > 臨床ニュース > 川崎氏の追悼記事、「初の論文は驚くほど綿密で美しい」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

川崎氏の追悼記事、「初の論文は驚くほど綿密で美しい」 AHA公式ニュース

「川崎氏が最初にまとめた53ページあまりの論文は驚くほど綿密で、最も美しい臨床報告の一つと言える」「温かい人柄と研究への熱意、そして素晴らしい社会的スキルを持つ川崎氏の周りには熱狂的なファンがいた」――6月5日の川崎富作氏(享年95)の訃報を受け、米国心臓協会(AHA)は6月11日、米国外の医師としては異例とも言える、川崎氏の業績を称える詳細な追悼記事を掲載。同学会が所蔵していた若かりし日のポートレートや、米国で川崎病の研究・診療に従事する医師たちによる、在りし日の姿をしのぶコメントを併せて紹介...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞