m3.com トップ > 臨床ニュース > 【寄稿】新型コロナがもたらした医療者への偏見、3つの仮説

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

【寄稿】新型コロナがもたらした医療者への偏見、3つの仮説 東京大学社会科学研究所・玄田有史

【編集部より】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、一部の医療従事者が受けた、いわれなき偏見や過重業務に伴うストレスが問題となっています。医療従事者の感染に対する不安や精神的な危機に対し、感染制御や精神心理学的な対応など、医療安全の観点での取り組みが進んでいますが、東京大学社会科学研究所比較現代経済部門教授の玄田有史先生に、社会科学的な観点からCOVID-19拡大に伴う「医療者への偏見」を論じていただきました。玄田先生は労働経済学が専門の経済学者で、この問題に関しては自身のブログ「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞