m3.com トップ > 臨床ニュース > リュープリンSR注射用キット11.25mgが欠品へ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

リュープリンSR注射用キット11.25mgが欠品へ 全規格で長期的な出荷調整を継続

日本泌尿器科学会はこのほど、「注射用リュープロレリン酢酸塩」(販売名:リュープリンSR注射用キット11.25mg)の出荷調整について、製造販売元の武田薬品工業の文書を学会ホームページに掲載した。同キットは欠品となる見込みで、欠品の際には他の治療オプションの検討を呼びかけている。また、当分の間「リュープリン注射用キット」全規格の在庫数量が低い水準で推移するため、出荷調整を継続するという。リュープリン注射用キットの製造所である山口県の光工場で2020年4月から行われている定期シャットダウン期間中に特...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞