m3.com トップ > 臨床ニュース > ゴア バイアバーン ステントグラフトの保険算定で注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ゴア バイアバーン ステントグラフトの保険算定で注意喚起 人工血管内シャント静脈側吻合部狭窄治療で

日本透析医学会はこのほど、「人工血管内シャントの静脈側吻合部狭窄治療に対するゴアバイアバーンステントグラフトの保険算定に関する注意喚起」の文書を学会ホームページに掲載した。今回、厚生労働省から発出された保険留意事項により、同ステントグラフトを用いた人工血管内シャントの静脈側吻合部狭窄治療の術者の条件として、「K616-4経皮的内シャント拡張術・血栓除去術」を100例以上実施した経験を有することが定められている。これは同学会などが策定した適正使用指針とは異なる内容であったとして、注意喚起している。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞