m3.com トップ > 臨床ニュース > SAHを見つける2つの問診――『研修医当直御法度』

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

SAHを見つける2つの問診――『研修医当直御法度』

2020年7月3日 三輪書店  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急

寺沢秀一、島田耕文、林寛之(著)『研修医当直御法度第6版』(三輪書店)より転載頭痛◆ 頭痛ではくも膜下出血と髄膜炎から考える◆ くも膜下出血を見つける2つの問診を覚える!◆ 頭部CTスキャンをしても見逃がすくも膜下出血がある!◆ 頭痛の原因がいつも頭蓋内とは限らない◆ アルコール依存患者の頭痛では、慢性硬膜下血腫を見逃さない!【症例】片頭痛もちの46歳の女性。頭痛を訴えて夕方、救急外来に受診。痛みをこらえて眉間が緊張している。血圧180/110、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞