m3.com トップ > 臨床ニュース > 慢性疾患の管理に悪影響「あった」、脳・神経科などで多数

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

慢性疾患の管理に悪影響「あった」、脳・神経科などで多数 意識調査「パンデミックによる非COVID-19疾患への影響」慢性疾患編(1)

m3.com会員医師を対象に行った、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックによる非COVID-19の疾患管理への影響に関する調査。急性疾患編に続き、慢性疾患編を紹介する。慢性疾患管理に「悪い影響があった」との回答割合は、脳・神経科、内分泌・血液科、眼科の順に多かった。(m3.com編集部・坂口恵)前回の記事『脳神経疾患「1カ月バイタルと診察のみ」、急性緑内障「発熱で紹介困難に」』はこちらQ.COVID-19パンデミックによる、COVID-19以外の慢性疾患管理の内容や質に悪い影...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞