m3.com トップ > 臨床ニュース > 第21回 腎臓病診療とe-health―進むデータベース研究と未来像

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第21回 腎臓病診療とe-health―進むデータベース研究と未来像 執筆:長洲 一(川崎医科大学)、監修:南学正臣(東京大学医学部附属病院)

はじめに-ビッグデータとしてのrealworlddataIT-ICT技術の進歩によってあらゆる分野の情報が電子化され、集積されたデータは膨大であり、ビッグデータとして活用可能となってきました。ビッグデータは、従来の「大量データ」と比較してデータ量が巨大(Volume)であり、データの種類が多彩であり(Variety)、さらに変動するデータを即時的に収集可能(Velocity)であることを特徴としています。医療の領域においても、realworlddataの重要性が指摘されています。realworl...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞