m3.com トップ > 臨床ニュース > McGRATH MACのバッテリーが品薄

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

McGRATH MACのバッテリーが品薄 2020年8月頃には品薄状態解消の見込み

2020年7月16日 日本麻酔科学会  カテゴリ: 呼吸器疾患その他

日本麻酔科学会はこのほど、McGRATHMACバッテリーの欠品・品薄について、製造販売元のコヴィディエンジャパンの説明文を学会ホームページに掲載した。十分な数ではないが継続的に入荷をしているため、定期的に供給を継続しているという。また、製造元ではこの影響を受けて生産体制の増強を行っているため、2020年8月頃には品薄状態が解消され、全世界での需要に見合った供給が行える見込みとだとしている。同製品は、他の気道管理関連製品と同様に、2020年2月以降の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞