m3.com トップ > 臨床ニュース > めまい急患、即画像を撮るべき5つの所見

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

めまい急患、即画像を撮るべき5つの所見

2020年7月16日 三輪書店  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急

寺沢秀一、島田耕文、林寛之(著)『研修医当直御法度第6版』(三輪書店)より転載めまい◆ めまいは3つのタイプに分けて考える◆ めまいで最も怖いのはvertigoではなくpre-syncope!◆ 回転性めまいは小脳出血から考える◆ 初診時に神経内科医もだまされる小脳、脳幹梗塞がある◆ 後頸部痛が先行しためまいは椎骨動脈の解離を考える【症例】68歳の男性、高血圧と糖尿病で通院中。夜に自宅で突然、回転性めまいと嘔吐が出現して自家用車で受診。血圧170...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞