m3.com トップ > 臨床ニュース > 【寄稿】当院透析室におけるCOVID-19対策の実際~インフルエンザ感染対策の応用

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

【寄稿】当院透析室におけるCOVID-19対策の実際~インフルエンザ感染対策の応用 湘南鎌倉総合病院・小林修三

編集部から:日本でも第2波の兆しが見えている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行、各医療施設は今のうちに対策を講じたいところ。中でも高リスク者が頻繁に訪れる透析施設では、アウトブレイクを起こさない感染対策の整備が喫緊の課題と言えます。そこで、第1波を感染者ゼロで乗り越えた湘南鎌倉総合病院院長代行の小林修三先生に、同院の透析施設ではどのように対策を講じているのか寄稿していただきました。小林先生は、これまで行ってきたインフルエンザ対策の応用で、特別なことはしていないと説明します。はじめ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞