m3.com トップ > 臨床ニュース > AMIへの抗不整脈薬はこう使い分ける

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

AMIへの抗不整脈薬はこう使い分ける

2020年7月21日 メディカル・サイエンス・インターナショナル  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患投薬に関わる問題

■困ったらニフェカラント□ 静注アミオダロンでもよいが、国産のニフェカラントはよい選択である。実質的に1つのイオンチャネル(IKr)のみ遮断する。作用の方向が予想できる。アミオダロンよりシンプル。□ ニフェカラントもアンカロンも、いずれも最初から選んでよい。□ ニフェカラントを使える理由は……●IKrチャネル遮断薬には陰性変力作用がない。●VFになったときに直流通電の有効性が高まる。●リドカインが無効な状況なら、薬理作用が異なる薬剤を使うのは合理性がある。□&nbs...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞