m3.com トップ > 臨床ニュース > GLP-1受容体作動薬の適応外使用で学会見解

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

GLP-1受容体作動薬の適応外使用で学会見解 ダイエット目的などで、「適正な処方を」

日本糖尿病学会はこのほど、「GLP-1受容体作動薬適応外使用に関する日本糖尿病学会の見解」を学会ホームページで掲載した。一部のクリニック等において、2型糖尿病治療薬のGLP-1受容体作動薬を適応外使用である美容・痩身・ダイエットなどを目的として自由診療での処方を宣伝する医療広告が散見されている。この状況を受け同学会は、医師特に同学会員に対しては、不適切な薬物療法によって患者の健康を脅かす危険を常に念頭に置き、誤解を招きかねない不適切な広告表示を厳に戒め、国内承認状況を踏まえた薬剤の適正な処方を行...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞