m3.com トップ > 臨床ニュース > 日本の統計「親が無職の場合の乳児死亡率15.7」【時流◆見過ごせない、子どもの貧困と健康】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

日本の統計「親が無職の場合の乳児死亡率15.7」【時流◆見過ごせない、子どもの貧困と健康】 武内一・佛教大学社会福祉学部教授へのインタビュー―Vol. 1

2020年7月30日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患一般外科疾患その他

【時流◆見過ごせない、子どもの貧困と健康】では、小児科医で佛教大学社会福祉学部教授、スウェーデン・ウメオ大学疫学とグローバルヘルス研究科客員研究員の武内一氏に話を聞いた。今回の企画で武内氏にアプローチした理由は、貧困の子どもは非貧困の子どもに比べ肥満率が高く、インフルエンザ予防接種率が低く、時間外受診が多いとの報告を行っており、その背景や詳細を知るためでもあった。取材の場で武内氏が「もっと重要なデータがある」と供覧したのは、親の就業形態と乳児死亡率の関連を示したグラフ。日本が世界有数の乳児死亡率...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞