m3.com トップ > 臨床ニュース > ムカデ咬傷「ハーフパンツの中で疼痛」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ムカデ咬傷「ハーフパンツの中で疼痛」 「ムカデ咬傷の治療経験を教えてください」―Vol. 2

2020年7月23日 m3.com意識調査  カテゴリ: 皮膚疾患救急

m3.com意識調査で、ムカデ咬傷の診療経験がある医師会員498人にこれまで診た受傷部位を複数選択で尋ねたところ、「足」が最多の71.3%に上った。受傷の状況は、やはり「靴を履こうとして咬まれた」というケースが目立ったほか、「ハーフパンツの中でビリッとした疼痛が」など衣類に紛れて受傷した症例もあった。ここでは、自由回答に寄せられた足と体幹(下半身)の受傷したケースを紹介する。前回の記事『ムカデ咬傷の初期治療、過半数が抗生物質含有ステロイド外用薬』はこちらQ.「ムカデ咬傷を診察した経験はありますか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞