m3.com トップ > 臨床ニュース > 「子どもの貧困対策大綱」運用に大きな課題【時流◆見過ごせない、子どもの貧困と健康】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「子どもの貧困対策大綱」運用に大きな課題【時流◆見過ごせない、子どもの貧困と健康】 武内一・佛教大学社会福祉学部教授へのインタビュー―Vol. 6

2020年8月16日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患一般外科疾患その他

小児科医で佛教大学社会福祉学部教授、スウェーデン・ウメオ大学疫学とグローバルヘルス研究科客員研究員の武内一氏へのインタビュー第6回(最終回)。日本では、2014年に政府が「子どもの貧困対策に関する大綱」を閣議決定。2019年には新大綱を発表した。武内氏は大綱が作られたことを評価しながらも、その運用には大きな課題があると指摘する。また、自身が客員研究員として籍を置くウメオ大学のあるスウェーデンの現状を紹介。日本と同じく、子どもの権利条約を批准しているスウェーデンでは、貧困などの社会環境で子どもの教...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞